読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アテニアBBクリームの使い方と口コミ

アテニアBBクリームの使い方を口コミから拾ってまとめました。口コミでは、アテニアBBクリームの今までとは違いや、使い方が投稿されていました。

冬は乾燥でお肌のくすみが…冬場のアテニアBBクリームの使い方

アテニアBBクリームについて

冬は血行不良になりやすい季節です。体冷えると、血行の不良に伴ってリンパの流れもわるくなります。これが、お肌がくすんで見える冬くすみの原因になります。

 

血行不良やリンパの流れを円滑にする解消方法としては、セルフマッサージが効果的でおすすめです。額、頬、まぶたの3カ所がマッサージをする主な部分で、今からでも始められる、くすみ解消のマッサージポイントです。

 

額とまぶたは、指の腹で痛くない程度に押しこむようにしてマッサージします。

頬の場合は、手のひらを使って頰骨に沿うように押します。血行やリンパのマッサージになるだけでなく、小顔効果も期待できます。

また、まぶたは疲れが出やすい場所ですので、マッサージは一日1回がおすすめです。

 

冬の寒い季節は、体を動かす機会も減るため、運動不足になりがちです。またこれは、お肌にも影響してきます。せめて、マッサージを一日一階でも取り入れてみると、くすみ予防には効果的です。

 

そして冬は、お肌のくすみの最大の原因、乾燥しやすい環境になります。また、肌の保湿不足は、乾燥くすみをより助長してしまいます。そして、保湿力が落ちるとツヤがなくなるため、よりくすんで見えてしまうのです。

 

冬におきやすい乾燥くすみの対策は、お肌の保湿に対策といっても良いでしょう。

まず体に、顔と同様に保湿成分が入っているクリームなどを選んでみてください。お顔のケアを最初に考えてしまいますが、体の保湿も忘れてはいけません。

体の保湿ケアのポイントは、お風呂上りの肌が濡れた状態でクリームを塗ることです。クリームなどが伸びやすく塗り広げやすいのは、濡れた状態なのです。

 

次に、お顔の肌の保湿は、必ず保湿効果のある美容液や、BBクリームを使ってください。化粧水単独ではなく、保湿力が高いアイテムを重ねるという使い方ベターです。

 

また、乾燥肌の方は特に注意しなければならないことが、洗顔のしすぎです。洗顔自体はしなければならないのですが、お肌に合わせて洗顔料を選ぶことが必要です。

洗顔料を選ぶ時は、成分表示を確認すること。肌の負担になる成分が配合されていない洗顔料がベストです。他には、低刺激で弱酸性のものを使ってください。

 

乾燥する冬は意外にメイクも崩れやすくなります。でもこの季節に、UVカット機能やカバー力が強いものなど色々なアイテムを重ねてしまうことはかえって逆効果です。

肌の水分・油分が重ねる事で必要以上にとんでしまったり、摩擦を与えることで乾燥しやすくなるためです。

 

ここで、おすすめなのはBBクリーム です。使い方は塗るだけで簡単ですが、美容液・保湿・ベースメイク・ファンデーション・UV対策などなどの効果がこれひとつでまかなえるのです。

なかでもアテニアBBクリームは、お肌に刺激を与えずしっかり保湿しながらカバーできます。敏感肌やデリケートな肌をお持ちの方には特におすすめです。

 

アテニアBBクリームは、他のBBクリームと同じく使い方は簡単ですが、鉱物油、パラペン、アルコール、香料など一般的にお肌によくないといわれているものは一切使っていないのです。ですので、デリケートな肌をお持ちの方をはじめとして、すべての方に安心して使ってもらえます。

 

冬のお肌のくすみは、保湿で対策が基本です。でもケアしているつもりで、お肌に負担を強いてしまっているのは問題でしょう。

BBクリームは使い方が簡単でも、安心できるものを使いたいですね。

 

「血色感」でカバーする 新発想のBBクリーム

 

 

 

 

 

 

 

BBクリームで保湿ケアは、冬のくすみ対策におすすめです

使い方について

冬場の乾燥は、お肌のくすみを引き起こします。気温が低いと、体の代謝が悪くなり、血行に影響します。その上に乾燥がお肌を襲うため、よりくすみやすくなります。

 

乾燥ぐすみの特徴としては、全体的にグレーっぽくすんで見えることです。また、肌がカサついて表面にツヤがなくなり、全体的に印象が暗くなります。

他にも朝の顔色は明るいのに、午後になるとなんだかくすむ…ということも…。

 

乾燥くすみは、お肌の表面の角質がすこしづつにめくれかけた状態になり、小さな陰影ができてしまい、顔全体がくすんで見えてしまうのです。これは乾燥しやすい季節であれば、朝しっかり保湿しても、時間が経つにつれ、午後に肌が乾燥してくる場合もあります。

 

お肌が乾燥すると、ターンオーバーのリズムを崩す場合があります。一旦リズムが狂うと、古い角質がはがれずに残ってしまい、肌表面の毛羽立ちが目立ってしまいます。さらに悪い事は、乾燥状態を放置すると、シワになる可能性が高いといわれています。

 

乾燥ぐすみの対策の基本は、保湿をしっかり行う事でしょう。

まず、時間が経つとどんどん乾燥するので、朝の保湿が肝心です。メイクアイテムの使い方としては、セラミドヒアルロン酸など保湿に有効な成分をしっかり含んだものを使ってください。

 

特に保湿成分が入ったBBクリームであれば、よりベターです。アテニアBBクリームも高保湿成分の、スーパーヒアルロン酸・フィルム化コラーゲンが配合されているので、保湿対策としては十分有効でしょう。

 

また、乾燥しがちなのは冬場です。冬の朝は、起きるのも遅くなり時間のない中でメイクすることになりがちです。そんな時は、時短メイクのBBクリームがおすすめです。

たとえば、アテニアBBクリームであれば、6種類もの機能をカバーしています。ほとんどこれだけでメイクが完了しますから、メイクの時短ができますよ。

 

「血色感」でカバーする 新発想のBBクリーム

 

 

 

 

 

 

冬のくすみ対策、ピーリング後のBBクリームの使い方

アテニアBBクリームについて

冬場でも目立つお肌のくすみの原因は、角質のせいだといわれます。もともと角質というのは、お肌だった細胞が古くなり死んでしまった状態のものです。

 

ターンオーバーは約28日周期で古い角質から、自然にはがれ落ちていく、お肌の再生サイクルですが、このサイクルがストレスや体調不良などで周期が乱れる事があります。

大体はサイクルが遅れる場合が多いのですが、サイクルが遅れると、古い角質が厚くなりお肌の透明感が損なわれてしまうことで、お肌がくすんで見えてしまうのです。

 

角質がはがれず厚くなると、水分や油分が浸透しにくくなります。こうなると、いくら化粧水や乳液をお肌に与えても有効成分が届きません。また、厚くなった角質はお肌の正常な働きを疎外するため、小じわやにきびがを引き起こします。

 

冬に限らず、お肌のくすみの対策としては、基本的には毎日の洗顔剤の使い方でしょう。

当然こすって摩擦を与えるのはダメです。やさしく、手ではなく洗顔石けんの泡で落とす方法がベストです。

 

また、徹底的に角質除去法としてピーリングがあります。ピーリングは、ひと肌剥いてしまうような方法です。

肌の表面だけですが、はがしてしまう訳ですからヒリついたり、お肌が赤くなってしまうようであれば、ピーリングは中止すべきでしょう。

角質が厚くなるとお肌がくすんで見えてしまうのですが、角質はお肌を守る役割もあります。無理にはがすとトラブルのもとになります。

 

ピーリングが上手くいくと、つるつるピカピカのお肌になり、もちろんくすみも取れるのですが、お肌としてはダメージを受けていることにもなります。

ですのでピーリングの後のメイクでは、お肌ケアが大切です。その際はBBクリームをおススメします。たとえば、アテニアBBクリームの使い方であれば、こんな使い方があります。

 

まずは化粧水や美容液お肌を整え、アテニアBBクリームを丁寧に均等にのばします。これでお肌の保護と、保湿のケアができます。BBクリームをよれずに均一に塗るのが難しいな…と思われる方は、一度アテニアBBクリームを使ってみてください。のびが良いので、均一に塗りやすいのです。

 

ピーリングをすると、お肌はダメージを負った状態になります。そこでの、ポイントは、お肌をケアのためのBBクリームの使い方なのです。

 

「血色感」でカバーする 新発想のBBクリーム

 

 

 

 

 

くすみと角質とBBクリームの使い方

使い方について

冬のお肌のくすみの原因として、血行の問題がありますが、くすんで見える原因として古い角質が残っていることがあります。

 

くすみを考えた場合、角質がある事が原因となるので、角質憎し!となるのですが、実は、角質には役割があるのです。それは、お肌を守るということ。外からの刺激や、雑菌の侵入を阻止したり、水分の蒸発を防いだりする役割なのです。

角質は、本当はターンオーバーにしたがって、自然にはがれ落ちることが望ましいのです。

ですから、お肌のためには角質を無理にとることは避けた方がよいと思われます。

 

角質を無理にとらない場合、くすみを隠すためには化粧品の使い方や、メイクの方法が重要になります。

ところが、くすみを隠す、カバーすると思うとどうしても厚塗りになりがちです。

 

もし、厚塗りではない自然なメイクを目指すのであれば、下地クリームにBBクリームやCCクリームをおススメします。ただ、CCクリームは、カバー力が弱いため、くすみをカバーするといった効果を求める場合は、BBクリームをおススメします。また、保湿も…という場合は、特にBBクリームがおすすめです。

 

中でも、のびが良くて薄付きなのにカバー力が優れていると評価されている、アテニアBBクリームなら、特にBBクリームの良さが分かります。使い方も超簡単です、アテニアBBクリームの上にフェイズパウダーでしあげをするだけでOK。使い方が簡単なのに、夕方までしっかり崩れないカバー力があります。

 

カバー力が強い場合、成分が気になる方もおられると思います。ただ、アテニアの製品開発の姿勢はデリケートなお肌をもつ方に向けた開発をするというものです。そのため全ての製品には、お肌に負担がかかる添加物は一切使用されてません。BBクリームも当然、無香料で無鉱物油、ノンアルコールでパラベンフリーです。

そのため、使い方は簡単でも安心して使えるのがアテニアBBクリームなのです。

 

お肌のくすみは、違った見方をすれば、お肌や体にトラブルがあるというメッセージでもあります。体のケアも、お肌のケアも安心できるものを選びたいですね。

 

「血色感」でカバーする 新発想のBBクリーム

 

 

 

 

 

 

 

ピーリング後のメイクは、お肌のケアはBBクリームで重点的に

使い方について

くすみの原因である角質は、ピーリングによってとることができます。なかでもピーリングジェルを使う方法は手軽にできるので、よくおススメされています。

 

ピーリングジェルは、消しゴムのカスのようなものが出てきます。このぽろぽろ出たものがすべて角質だとよく勘違いされている方がおられます。これは、角質をからめとっているため、ジェルと角質が混じったものなのです。ですから、ぽろぽろでたもの全てが買う質ではないのです。

 

ただこれを経験すると、角質が効率よく取れているような気になるので、ピーリングジェルを何度もしてしまう方がいます。でもこれは危険なのです。

角質が短期間に何度も大量に取れる事はあまりありません。やり過ぎは本来は必要な角質まで落としてしまっている可能性があります。

 

ピーリングイメージ的にこわい…、そのためやってみたいけどどうしよう…という方もおられるでしょう。そんnお試ししたい方には、低刺激といわれるAHA(フルーツ酸)配合の石鹸や、クレイパックなどをおススメします。

 

角質は、くすみの原因でもありますが、一方でお肌のバリアでもあります。細菌の侵入を止めたり。お肌の負荷を軽くする役割があります。そのためとり過ぎはお肌にダメージを与えるだけになります。また、ピーリングが、ターンオーバーのサイクルに影響を与えることはありません。

 

ピーリングは多くても、週に1、2回くらいが限度です。お肌の負担の事を考えましょう。

 

そしてピーリング後のメイクは、お肌のケア重点的に考えましょう。特に、ダメージケアの効果があるBBクリームの使い方がポイントになります。

けれど、くすみ隠しにいいBBクリームはどうも厚塗りになりやすいような気がして…と思われる方も多いでしょう。

 

でも、アテニアBBクリームなら、まずのびが良い薄付き感が特徴です。また、血色がよく見える効果がプラスされていて、従来のBBクリームの欠点である、マットな仕上がりを改善しています。

今までのBBクリームの「健康的な肌色にみえない」という欠点を改善した、アテニアBBクリームならツヤと血色感が得られます。

 

ピーリングでダメージを負ったお肌には、使い方が簡単でお肌のダネージケア効果のあるBBクリームがおススメです。特に、アテニアBBクリームなら血色の良い華やかな仕上がりが期待できます。

 

「血色感」でカバーする 新発想のBBクリーム

 

 

 

 

 

お肌のくすみは、マッサージとアテニアBBクリームの使い方

アテニアBBクリームについて

お肌のくすみには2大原因があります。

血液の循環が悪く停滞する事で肌色がくすむ場合がひとつ。

古い角質が肌に残ってお肌の透明感が失われてくすむ場合がひとつです。

 

くすみの原因が血行である場合は、マッサージなどで血行をよくするのが簡単で効果的です。目の下のくすみは血行が原因である場合が多いとされています。

 

セルフマッサージのポイントは3つあります。

額(おでこ)のマッサージポイントは、両手の親指以外の指を開いて、おでこにあてて押し付けるようにして、上下に動かします。ついでですが、これで頭の血行もよくなります。

 

頬のマッサージポイントは、てのひらを、頬骨の下のくぼみにあて、くぼみに向って少し強めに押し付けます。

顔の中でも、頰のマッサージはポイントになります。余分な肉もつきやすい所でもあるので、このマッサージでは小顔効果期待できます。

その上頬は紫外線の影響でシミができやすい場所ですから、ケアは入念にしましょう。

 

まぶたのマッサージポイントとしては、親指以外の指の腹で、気持ち良い強さで上下左右にまぶたを上から押さえます。力は入れ過ぎないようにしましょう。

まぶたは疲れるとむくみやすい場所です。一日1回マッサージすると理想的です。

 

お肌のくすみは、すぐに治るものでもありません。そこでメイクの効果が必要になります。

思い出して欲しいのですが、くすみが気になる時は、忙しくて疲れている時でもないでしょうか?そんなときは、やっぱりメイクはできるだけ時短で済ませたいですよね。

 

時短といえば、BBクリームがおすすめです。オールインワン化粧品ですから、基本的に塗ってフェイスパウダーで仕上げるだけでOKです。これでメイク完了するので、早い方は1分かからないようです。

特に、アテニアBBクリームは同じ使い方しても、夕方までメイク崩れが少ない事が特徴です。

 

BBクリームの使い方のポイントは、厚塗りしないように意識すること。くすみ隠しを意識すると、厚塗りぎみになります。

その場合の塗り方としては、塗る量を最初から控えめにして、中心からぼかすように薄くしていくと厚塗りになりにくいでしょう。

 

また、のびが良くて薄付きの仕上がりが特徴のアテニアBBクリーム、ならより厚塗り感がなくなるでしょう。

また、従来のBBクリームは、どうしても顔色が悪くみる欠点がありました。けれどアテニアBBクリームなら血色感が感じられる仕上がりのため、くすみ隠しのための使い方としては最適です。

 

お肌のくすみ対策はマッサージが簡単で効果的です。そしてメイクは、BBクリームの上手な使い方で解消しましょう。

  

「血色感」でカバーする 新発想のBBクリーム

 

 

 

 

 

 

BBクリームの上手い塗り方・使い方

使い方について

普段のメイクはBBクリームだけで済ます人もいるぐらい、BBクリームは使いだすととっても便利なアイテムです。

BBクリームはつい雑に塗ってしまいがちです、理由としては便利だからというのがあるのですが、雑に塗るとよれてしまったり、ムラになってしまったり…ありがちですね。でもこんなトラブルを避けるためには、塗り方にちょっとしたコツが必要なんです。

 

大切なのは、しっかり皮脂を取っておくこと。これは塗る前必要なこと。そして、BBクリームを塗る前には、多少しっかりめに皮脂を取り除きます。これで崩れやよれを防げます。皮脂をしっかりとるとお肌もキレイに見えます。

 

ムラになる原因に、塗るタイミングが悪い場合が結構あるようです。BBクリームは洗顔して、化粧水で整えたあとにそのまま塗ることが多いと思います。他にも色味がお肌に合ってない場合もあります。

ではタイミングが悪いというのはどんな時なのでしょうか?たとえば、お肌が化粧水などでまだ濡れていることはないですか?これがムラの原因となります。ですのでBBクリームを塗る時のコツは、お肌をよく乾かしてからですね。

 

BBクリームは様々なテクスチャーがあるのですが、そのテクスチャーによっても向き不向きがあります。たとえば、水っぽいテクスチャーを油性肌の方が塗るとよれやすいという事があったり、テクスチャーの硬い物を敏感肌の方が使うと、塗る際に力が入ってしまいお肌に負担がかかります。

テクスチャーがお肌に合わないと、思わぬ負担がお肌にかかる場合があり、塗り方のコツ以前の話になってしまいます。

 

BBクリームの塗り方についてポイントを書きましたが、基本的にはのびが良いものがおすすめです。のびが良いことで定評がある、アテニアBBクリームは塗りやすいともいわれています。のびが良いと厚塗りにならずに済みますし、コスパもけっこう良かったり特にアテニアBBクリームなら2160円とお手頃価格ですから、コスパは断然良いでしょう。

 

BBクリームの上手な塗り方は、「皮脂をとる事」「乾いたお肌に塗る」とこのふたつのポイントを抑えておけばよいでしょう。あとは、自分のお肌にあった伸びのよいテクスチャーを選ぶことです。

  

>>「血色感」でカバーする 新発想のBBクリーム<<